ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/6/4

睡眠中の歯ぎしりに要注意 

6月4〜10日は歯と口の健康週間

 歯を失う原因の一つとなるのが、睡眠時の歯ぎしりや食いしばり。自身で気付かないことも多いため、「歯と口の健康週間(6月4〜10日)」に、口の中をチェックしてみましょう。 文/東広島歯科医師会 川口健二(川口歯科医院院長)

睡眠中の食いしばり 起きている時の5倍

 歯ぎしり、食いしばり、タッピング(カチカチとかむ)の症状を「ブラキシズム」といいます。睡眠中に起こる「睡眠時ブラキシズム」は、ストレスが原因です。

 寝ている間に、ストレスが交感神経を優位にして、中枢性(脳)が興奮状態に。そのストレスを発散させるためにブラキシズムが始まることが分かっています。

 睡眠中の食いしばりの力は、起きている時と比べて5倍は強いといわれています。歯ぎしりは歯を揺らし、タッピングはずっと金づちでたたいているようなものです。

 かみ合わせが悪かったり、不調和の銀歯が入っていたりすると、歯の一部だけに力がかかります。そのため、歯を支える歯槽骨が溶けたり(骨吸収)、歯が割れたり折れたり(破折)してしまうのです。健康な歯の人でもブラキシズムを繰り返すことにより、骨吸収、破折を引き起こします。

 ブラキシズムによって、歯がしみる、歯茎から血が出るなどの歯周疾患や、顎が痛い、口が開けにくいなどの顎関節症状をはじめ、頭痛、耳鳴り、難聴、肩凝り、腰痛など、全身の症状が起こることもあります。

ブラキシズムを起こす要因

□足を組む習慣がある
□頬づえをつく習慣がある
□仕事で不安定な姿勢になることがよくある
□好き嫌いが多い
□栄養のない食事ばかり(添加物・防腐剤・農薬などがたくさん入っている食事)
□酸性の食べ物、飲み物の摂取量が多い(コーヒー、砂糖など)
□イライラする
□常にスマホが気になる
□天気に体調が影響される
□睡眠不足である

自分のブラキシズムに気付き、原因を考える

 大切なことは、自分がブラキシズムをしていることに早く気が付き、何が交感神経を優位にさせているのか、ストレスの原因は何かを考え、ライフスタイルや体を改善することです。

 歯ぎしりがひどい人には、マウスピースも有効ですが、一時的な対症療法で す。ライフスタイルを振り返り、ストレスを解消していきましょう。

 ブラキシズムは人間の生理反応なので、全員に起こります。このため、うまくコントロールしながら付き合っていく、という気持ちを持つことがポイントです。


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop