w-

ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/6/4

東広島の新型コロナ対策「光と影」 A

 巷にあふれる新型コロナウイルスの関連報道。しかし、地域ではまだ伝わっていない「現場の声」を特集。東京発の情報やワイドショーの偏向報道に飽きた人、必見! (吉田実篤)

街の風景

 夜型の飲食店が早朝よりお弁当を作り、ドライブスルーや宅配で売り上げを伸ばしている一方で、大型店がひっそりと閉店してたり、飲食事業から早期撤退する企業も出始めています。何といっても心配なのは、東広島の社交場駅前通りのスナックやクラブです。何とか続けてほしいと願っているのは私だけではないはず……。

感染予防のちょっといい話

【代表事例1】

 2月初旬、市職員の提案でエタノールの一斗缶を大量に集めた健康増進課。希釈して手作りの消毒液を医療機関、公共交通機関に配布。国より2カ月早い活動だった。

【代表事例2】

 医療用の靴下などを製作している安芸津町のコーポレーションパールスターは、布製マスクを自社開発し、市などに寄付。当初は社内のスタッフ用に作り、試供品を団体などに提供していたところ、評判がよく、大量生産することになった。

>>プレスネットに掲載した、この他のマスク関連・医療関連の記事

補助金・給付金で生き残れ!

【代表事例】

 下の表にある通り、東広島市には独自の補助金「東広島市ビジネス転換支援事業補助金」と「東広島雇用調整助成金サポート補助金」がある。産業と事業を守るこの給付額は三原市の6倍。コロナ不況の直撃を受けた飲食店を例に取ると、年商5000万円、従業員数7人、売上減50%でも解雇なしで赤字にならない。
>>詳細例

 国、県、市が各々に補助、給付プランを提供している今こそ、事業継続を目指せる。


▲東広島商工会議所から広報を依頼された飲食店応援プロジェクト

>>/東広島商工会議所 次期プロジェクト

「遅い」と怒る前に聞いてほしい話

【代表事例】

 「遅い!」と言われる10万円の特別定額給付金。東広島市の支給人数は18万8984人、8万7170世帯(4月27日現在)。5月27日時点で、86%を受理している。広島市より早い。ただ、遅くなっている最大の理由はほぼ手作業であること。申請書の不備などの確認に時間が取られることだ。コロナ対策室には平成29年の臨時福祉給付金支給の時の経験者も投入されており、体制は整っている。市民には少しの辛抱と協力が求められている。

>>補助金申請に対する市の対応についての事業者の声

新型コロナ対策の影

 全世界の経済の足を止めた今回の「新型コロナ」ですが、その影響は地域によって異なります。我が東広島市では、補助金の申請をした事業者からは感謝の言葉が寄せられています。がしかし、とかく飲食店を筆頭に売り上げの大幅な落ち込みばかりが報道されているようでなりません。あとは「給付金が遅い」ですが、これは市民の申請書の不備の確認などの業務のほとんどを手作業で行わなければならないなどの前近代的指示が国からなされているからでもあります。できれば市民に協力や要請をすべきでしょうが、市担当窓口では、申し込み者、相談者に合わせた対応にならざるをえない。時には大きな声でクレームをぶつける方もちらほらと…。

 「クレームにはみんな慣れていますから」と、大人の対応をみせる方もいらっしゃいますが、始まったばかりの比類なき大不況に負けないためには、いずれ入るお金より大きく税収を下げるかもしれない経済の毀損(きそん)を市をあげて認識し、官民一丸となった対策を構築すべきではないかと思い、東広島市商工会議所に取材すると、現場は会員の相談に追われ、組織的な予算獲得や独自のプロジェクトはまだとのこと。「何とかしないと大変なことになりますよ!」と話したら、「人手も予算も限られた中で職員はがんばっています。全国的な救済対策を用意してありますからプレスネットさんも、もっと広報の協力をしてください!」と手伝うことになりました。国も県も市も一生懸命なのは分かります。景気対策はこれからだとも聞いています。

ならば…
 もっと分かりやすい言葉で先のスケジュールも協力してほしい内容も、もっともっと伝えられれば多くの市民の理解と協力が得られると切に感じた次第です。
 「県内で東広島だけには希望がある」と話していたハウスメーカー会長の言葉が耳からはなれない私であります。

>>大学生の本当の苦境実状 >>食品商社の証言 >>ある母子家庭の本音

公募中の主な補助金一覧(中小事業者向け)
@ IT導入補助金2020/経済産業省
A 持続化給付金(最大200万)/中小企業庁
B 小規模事業者持続化補助金〈コロナ特別対応型〉(最大100万)/全国商工会連合会
C 感染拡大防止協力支援金(最大50万)/広島県
D テイクアウト・デリバリー参入促進事業助成金(30万)/ひろしま産業振興機構
E 東広島市ビジネスモデル転換支援事業補助金(最大20万)/東広島市
F 東広島市雇用調整助成金受給サポート補助金(最大10万)/東広島市
G 東広島市連携型プロジェクト支援事業補助金(5者以上の団体で連携、最大100万)/東広島市

※2020年5月29日現在


>>東広島の新型コロナ対策「光と影」 @


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop