ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/5/21

みんなのぷらざ

プレスネット フォトリポート

ガンバレ

ガンバレ
4月23日、東広島市西条町福本地区で撮影

 今年も福本地区のシバザクラ(芝桜)が満開となりました。例年、見物客やカメラマンが次々とやって来るのですが、今年はコロナ禍のため激減しました。毎年写真撮影に来ている私ですが、今年初めて花文字があることに気付きました。「フクモト」と「ガンバレ」です。植栽されてから数年が経つので、一部の文字が読みにくくなっています。コロナ禍で日本中が意気消沈している今、「ガンバレ」の花文字に勇気づけられます。

(フォトリポーター 船越雄治)

雄たけび

雄たけび
4月19日、東広島市西条町で撮影

 4月に入るとキジも繁殖期に入るので、雄の行動が活発となります。やや開けた場所に出ると「ケン、ケーン!」と大きな声で雄たけびを上げ、続いて羽を打ち合わせて「ドドッ」という音も出します。ホロ(母衣)打ちという雄のキジに特有の行動ですが、その瞬間が撮影できました。

(フォトリポーター 船越雄治)

香りの良いクロモジ

香りの良いクロモジ
4月28日、東広島市福富町上竹仁で撮影

 クロモジ(黒文字)は高さ2〜5mの落葉低木で、山地の林内に自生し4月の中頃から咲き始めます。目立たない黄緑色の花が集まって咲き、花柄に毛があります。枝を折ると甘い香り(柑橘(かんきつ)系)があり、高級和菓子のようじなどの材料と言えば、ピーンとくる方も多いと思います。他にもクロモジの用途は広く、特産品の開発が進んでいます。花言葉は「誠実で控えめ」。

(フォトリポーター 井川良成)


わたしのスケッチ

ヒヨドリの幼鳥の飛び出し

ヒヨドリの幼鳥の飛び出し

 息子を公園に遊ばせに行く途中で、近所にて撮影しました。まだ飛ぶ練習中みたいで、近づいても逃げることなく落ち着いて撮影できました。

(八本松南 木村直人)


今が旬

「アスパラガス」

「アスパラガス」

 春のアスパラガスは、糖度が高く、軟らかいのが特徴です。冬の休眠期間で蓄えた栄養をたっぷりと含み、うま味が詰まっています。東広島市で栽培するアスパラガスは10月中旬まで出荷が続き、JA直売所「とれたて元気市となりの農家店」「おいしい旬館となりの農家」高屋店・黒瀬店などで販売しています。(JA広島中央)

おいしく食べよう

 甘みの強い春芽は、さっとゆがいてサラダなどで食べるのがおすすめです。また、炒めたり焼いたりする場合、軟らかい春芽は下ゆでなしで調理することができます。塩を振り、1本丸ごとグリルで焼くだけで、ジューシーなアスパラガスを堪能できます。


一句

東広島俳句協会会員の作品

紫雲英田や五重の塔をまなかひに 上尾 勝彦
嬰の物古刹に干され若葉風    友貞クニ子
姫紫苑雨足強くなりにける    佐々木智枝子
鎌を研ぐ午后の日射しに水ぬるむ 門畠 幸子
ペン持てど何も浮かばぬ桐の花  吉原 澄子


みんなのぷらざでは、皆さんの投稿をお待ちしております

「うれしい仲間」はさまざまな集いで撮影した写真と記事(200字)、「わたしのスケッチ」はあなたのお気に入りの写真にひと言添えて送ってください。文章を添削する場合があります。原稿には必ず郵便番号、住所、氏名(わたしのスケッチはペンネームも可)、年齢、電話番号を明記してください。
 郵送 〒739−8616 プレスネット「みんなのぷらざ」係へ メール weekly@pressnet.co.jp


最新ニュース

SNSで開発商品の意見を 東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト

東広島地区医師会にフェースシールド寄付 東広島ライオンズクラブ

第2波へ備え、緊張感持って対応 東広島地区医師会 山田 謙慈会長

社員は会社の宝 メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

食材のうま味 プロが生かす 広島県料理業生活衛生同業組合 藤田寛治さん

配達OK!! グルメデリバリー通信

営業再開 店舗一覧(2020/5/28)

新型コロナ対策 素朴な疑問 【東広島市社会福祉協議会編】

臨時休校 東広島市の保護者の不安 【生活面編】


pagetop