ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/5/21

臨時休校 東広島市の保護者の不安

【学習面編】

 新型コロナの影響による小中学校の臨時休校。東広島の保護者の不安をアンケートで聞いた。学習面の回答を抜粋して紹介。

※カッコ内は子どもの学年
アンケート概要
期間/5月8〜14日 対象/東広島の小中学生の保護者50人

Q.学習面の不安は?

A.●1年生の一番初めの基本、書き順、数字、ひらがなを家で教えなければならない。(小1)

●家では集中して勉強しないこと。(小2)

●家庭によっても取り組み方が違うと思うので、差が出ることが不安。(小2)

●勉強が苦手なので、今後4年生の学習をしっかりやっ ていけるのか不安。(小4)

●勉強をするという意識が薄くなっている。ゲーム優先。家だと1時間勉強させるのも一苦労。今後、6時間授業に耐えられるのか。(小5)

●課題や宿題の提出があるものとないものがあり、やらなくてもいいということを覚えてしまい、危機感がなくなり、積極的にやらなくなってしまいました。(小6)

●小学校以外(塾など)で習っ ている子と、習っていない子との学習差。特に英語。小学校から英語もプリントをもらっていますが、ヒアリングなどできない分、どんどん差がつきそうな気がします。(小6)

●ただでさえギュウギュウな時間数なのに、再開後さらに詰め込んで、ハイスピードで授業が始まったら、それに追いついていけるかが不安。(小6)

●6年生のやり残しと、中学という新しい環境で全く学べていないことに、本人が危機感を持てない。(中1)

●新中1で教科が増えたのに、自宅での予習ばかりで限界を感じている。(中1)

●入学したばかりで学習リズムや教科の理解ができていない中での課題は、進めていても親も子も手応えが全くなく不安。(中1)

●受験生なのに自覚がない。塾などに行かせていないので、自力で勉強してもらうしかないのだが全くしない。(中3)

Q.不安に対してどんな取り組みをしていますか。

A.●朝のうちの40分は、決めた宿題や公文の宿題をする。きちんとできていたら、ゲームをしてもいいよというルールを作っています。(小2)

●時間は短くても学習の時間を作る。ドリルだけでなく、パソコンや映像などを取り入れる。(小2)

●ドリルを買ってきてやらせる。学校の授業のように自宅でも時間割を決めて学習 している。(小5)

●時間がある時に英単語帳を作ったり、一緒に学習したりするようにしている。オンライン授業を始めるか検討中。(中1)

●単語を覚えさせる。漢字1〜6年生のうち苦手なものを覚える。(中1)

生活面の回答は5月28日号で掲載予定


最新ニュース

SNSで開発商品の意見を 東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト

東広島地区医師会にフェースシールド寄付 東広島ライオンズクラブ

第2波へ備え、緊張感持って対応 東広島地区医師会 山田 謙慈会長

社員は会社の宝 メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

食材のうま味 プロが生かす 広島県料理業生活衛生同業組合 藤田寛治さん

配達OK!! グルメデリバリー通信

営業再開 店舗一覧(2020/5/28)

新型コロナ対策 素朴な疑問 【東広島市社会福祉協議会編】

臨時休校 東広島市の保護者の不安 【生活面編】


pagetop