ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/2/13

FM東広島杯小学生バレーボール大会 33チームが熱戦

女子 上黒瀬 3年ぶり2回目
男子 八本松が2連覇

 第20回FM東広島杯小学生バレーボール大会(FM東広島主催、東広島小学生バレーボール連盟主管)が2月1日、東広島運動公園で開かれ、男女計33チームが熱戦を繰り広げた。男子は八本松バレーボールクラブが2年連続12回目、女子は上黒瀬女子バレーボールクラブ(JVC)が3年ぶり2回目の優勝を果たした。(茨木あゆ)

「ペース取り戻し、戦い切った」


▲女子の部で優勝した上黒瀬

 女子の部には24チームが出場。上黒瀬JVCは決勝戦で御薗宇スポーツ教室と対戦した。力のあるチーム同士で競り合いとなったが、次第にペースを取り戻した上黒瀬が優勢に。得意のサービスエースや、「相手チームが守りを固める前に速い攻撃で崩す」上黒瀬らしい戦い方で優勝をもぎとった。

 主将の岡日和さん(12)は「三ツ城スポーツ少年団と対戦した準決勝では、相手のペースに合わせてしまって、危ない場面もあった。決勝戦ではリズムを取り戻して戦い切れた。優勝できてうれしい」と笑顔で話していた。小林直輝監督(44)は「リズムの悪い試合運びもあったが、全体としては安心して見ていられた。身長の低いチームだが、サーブで攻めて、レシーブで拾ってつなげるコンビバレーができていたと思う」と選手たちをねぎらっていた。


「自分たちらしい戦いできた」


▲男子の部で優勝した八本松

 男子の部には9チームが出場。八本松バレーボールクラブは準決勝までをストレートで勝ち進み、決勝戦で小谷スポーツ少年団と対戦した。巧みにボールをつなぎ、長身で力のある2選手が鋭いスパイクを繰り出す八本松に、小谷は序盤から翻弄(ほんろう)され苦戦。「自分たちらしい戦いができた」と話す八本松が、速攻とフェイントをうまく使い分け、セットカウント2―0で頂点に立った。

 主将の加藤慶志君(12)は「全試合、相手チームの得点を10点以下に抑えることを目標に挑み、達成できた」と笑顔。エースの穐丸大夢君(同)は「いい流れで臨めた」と喜んでいた。

  • ▲女子の部の決勝戦

  • ▲準優勝の御薗宇

  • ▲準優勝の小谷

>>白熱の決勝戦! 写真はこちら


最新ニュース

「街が華やいだよう」生け花3000本酒蔵彩る ―酒造8社と花屋7店が協力

新型コロナ 東広島の労働環境は…B 市・商議所の支援と企業の動き

東広島市議会 6月定例会総括 条例制定 長期間欠席議員の報酬減額

「地域文化の交流拠点に」 新市立美術館 市民向けに内覧会

「高配当」語る詐欺未然に防ぐ 東広島署 郵便局員に感謝状

手を触れずペダル踏んで消毒 三ツ和工業 板金加工技術生かす

訃報 冨吉邦彦氏

アゲハチョウ飼育キット 市内全小学校にプレゼント

文科省の読書活動優秀実践校に 磯松中 学校図書館の活用法工夫

「まちなか商店」期間限定オープン エプロンや洋服など販売

本格広島つけ麺「麺屋COO」 五エ門2階にオープン

「西条中央公園」リニューアル 新美術館に併設 地域の交流スポットに

バス交通結節点を整備 広島大学内2カ所に

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

広島アセアン協会のこと メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ


pagetop