ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/2/13

FM東広島杯小学生バレーボール大会 33チームが熱戦

女子 上黒瀬 3年ぶり2回目
男子 八本松が2連覇

 第20回FM東広島杯小学生バレーボール大会(FM東広島主催、東広島小学生バレーボール連盟主管)が2月1日、東広島運動公園で開かれ、男女計33チームが熱戦を繰り広げた。男子は八本松バレーボールクラブが2年連続12回目、女子は上黒瀬女子バレーボールクラブ(JVC)が3年ぶり2回目の優勝を果たした。(茨木あゆ)

「ペース取り戻し、戦い切った」


▲女子の部で優勝した上黒瀬

 女子の部には24チームが出場。上黒瀬JVCは決勝戦で御薗宇スポーツ教室と対戦した。力のあるチーム同士で競り合いとなったが、次第にペースを取り戻した上黒瀬が優勢に。得意のサービスエースや、「相手チームが守りを固める前に速い攻撃で崩す」上黒瀬らしい戦い方で優勝をもぎとった。

 主将の岡日和さん(12)は「三ツ城スポーツ少年団と対戦した準決勝では、相手のペースに合わせてしまって、危ない場面もあった。決勝戦ではリズムを取り戻して戦い切れた。優勝できてうれしい」と笑顔で話していた。小林直輝監督(44)は「リズムの悪い試合運びもあったが、全体としては安心して見ていられた。身長の低いチームだが、サーブで攻めて、レシーブで拾ってつなげるコンビバレーができていたと思う」と選手たちをねぎらっていた。


「自分たちらしい戦いできた」


▲男子の部で優勝した八本松

 男子の部には9チームが出場。八本松バレーボールクラブは準決勝までをストレートで勝ち進み、決勝戦で小谷スポーツ少年団と対戦した。巧みにボールをつなぎ、長身で力のある2選手が鋭いスパイクを繰り出す八本松に、小谷は序盤から翻弄(ほんろう)され苦戦。「自分たちらしい戦いができた」と話す八本松が、速攻とフェイントをうまく使い分け、セットカウント2―0で頂点に立った。

 主将の加藤慶志君(12)は「全試合、相手チームの得点を10点以下に抑えることを目標に挑み、達成できた」と笑顔。エースの穐丸大夢君(同)は「いい流れで臨めた」と喜んでいた。

  • ▲女子の部の決勝戦

  • ▲準優勝の御薗宇

  • ▲準優勝の小谷

>>白熱の決勝戦! 写真はこちら


最新ニュース

岡田章さん死去 1500人が別れ

高齢者の社会参加促進が評価 東広島熟年大学 広島県教育賞を受賞

東広島市民ら1900人がパレード 拳突き上げ、暴力追放訴え

審議会が高垣市長に答申 東広島市第5次市総合計画

搾りたて!願いのこもった縁起酒 「立春朝搾り」出荷 賀茂泉酒造

制服に女子用スラックス採用 今春から 防寒・防犯策で 近畿大学附属高・中東広島校

広島大学 マスコットキャラクター誕生 たくましく羽ばたく学生イメージ

子ども食堂運営の団体へ 熟年大学友の会が募金贈呈

河内小4年生 自分たちで育てた大豆でみそ造り チーム豆っこが企画

入選作品の展示始まる 書や彫刻など力作130点 東広島市美展

JICA中国 日本の教員養成の仕組み学ぶ アフリカの教育関係者13人

地元産食材使い特産品開発 広島県央商工会 「セントルマルシェ」試食会

御薗宇に移転オープン 開放感のある院内で快適な診察を

平均年齢70歳 「スポーツで医者いらず」実践

楽しみながら理想の体に!キックボクシングエクササイズ

スポ少県大会で優勝、全国へ 八本松バレーボールクラブ男子

広島新生学園で交流会 伯和ビクトリーズ

「歩けるようになりました」 越智学長診断、日本で膝手術に成功

消防士11人が熱弁 東広島市消防職員意見発表会

第38回東広島市芸術祭 2月1、2日にくららで開催

人力≠ナ最新技術と対決 サタケが企業PR動画を公開

「今まで知らなかった!」 中央中生徒が職場体験

廃部の危機乗り越え「ハッケヨイ!」 少数精鋭。高い志掲げ土俵に青春 広島大相撲部

24時間ジムの活用法 MYGM24西条店を取材!!

100円カレンダーで社会貢献 ケナフの会がチャリティーイベント

救急医療の適正利用を呼び掛け 東広島市が街頭キャンペーン

餅つきや書き初め体験 外国人350人が日本の正月に触れる

地元企業の経営を後押し プレイベントで事例学ぶ 新ビジネス拠点「ハイビズ」

園児が描く「ゆめの家」 ショールーム内で絵画展 大和ハウス工業広島東支店

秋の叙勲 喜びの声 低次元伝導体の物理学を研究 挑戦精神で人生歩む


pagetop