ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/1/23

安芸津、海の恵み カキの水揚げ、真っ盛り

安芸津のカキは身がしまって味が濃いけ〜ね!

  • ▲早朝、カキが付いた10mのワイヤーを引き上げる森下水産の森下純二さん。作業場でむき身にし、その日のうちに出荷する。

  • ▲リズミカルにカキの殻をむく打ち子


▲広島のブランドカキ「かき小町」。これからもっと身が太る。かき小町は、水揚げされていない時もあるため、問い合わせをしてから直売所に行くといい。

 冬の味覚、カキが旬を迎え、東広島市安芸津町では水揚げが本格化している。安芸津のカキは、「小ぶりだが、身がしまって、味が濃い」と定評がある。

 同町のカキの生産者は18戸。三津には安芸津漁協の共同作業所があり、9戸がカキ打ちから出荷、直売までを行っている。「かきの小路」として看板を掲げ、特に買い物客の多い年末は活気づく。

 共同作業所ができた昭和41年には25戸が軒を連ねていた。高齢化による担い手不足で、その数が減少。ここ数年は外国人の技能実習生を受け入れながら、カキ漁を守り続けている。

 水揚げは10月〜5月。カキを打つ従業員は「2〜3月が一番おいしいよ」とにっこり。

  • ▲安芸津町の三津湾

  • ▲三津湾にある安芸津漁協の共同作業場。買い物客がカキ打ちを見ることもできる

撮影 井川良成 文 橋本礼子

>>カキの直売所マップ


最新ニュース

岡田章さん死去 1500人が別れ

高齢者の社会参加促進が評価 東広島熟年大学 広島県教育賞を受賞

東広島市民ら1900人がパレード 拳突き上げ、暴力追放訴え

審議会が高垣市長に答申 東広島市第5次市総合計画

搾りたて!願いのこもった縁起酒 「立春朝搾り」出荷 賀茂泉酒造

制服に女子用スラックス採用 今春から 防寒・防犯策で 近畿大学附属高・中東広島校

広島大学 マスコットキャラクター誕生 たくましく羽ばたく学生イメージ

子ども食堂運営の団体へ 熟年大学友の会が募金贈呈

河内小4年生 自分たちで育てた大豆でみそ造り チーム豆っこが企画

入選作品の展示始まる 書や彫刻など力作130点 東広島市美展

JICA中国 日本の教員養成の仕組み学ぶ アフリカの教育関係者13人

地元産食材使い特産品開発 広島県央商工会 「セントルマルシェ」試食会

御薗宇に移転オープン 開放感のある院内で快適な診察を

平均年齢70歳 「スポーツで医者いらず」実践

楽しみながら理想の体に!キックボクシングエクササイズ

スポ少県大会で優勝、全国へ 八本松バレーボールクラブ男子

広島新生学園で交流会 伯和ビクトリーズ

「歩けるようになりました」 越智学長診断、日本で膝手術に成功

消防士11人が熱弁 東広島市消防職員意見発表会

第38回東広島市芸術祭 2月1、2日にくららで開催

人力≠ナ最新技術と対決 サタケが企業PR動画を公開

「今まで知らなかった!」 中央中生徒が職場体験

廃部の危機乗り越え「ハッケヨイ!」 少数精鋭。高い志掲げ土俵に青春 広島大相撲部

24時間ジムの活用法 MYGM24西条店を取材!!

100円カレンダーで社会貢献 ケナフの会がチャリティーイベント

救急医療の適正利用を呼び掛け 東広島市が街頭キャンペーン

餅つきや書き初め体験 外国人350人が日本の正月に触れる

地元企業の経営を後押し プレイベントで事例学ぶ 新ビジネス拠点「ハイビズ」

園児が描く「ゆめの家」 ショールーム内で絵画展 大和ハウス工業広島東支店

秋の叙勲 喜びの声 低次元伝導体の物理学を研究 挑戦精神で人生歩む


pagetop