ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/1/23

安芸津、海の恵み カキの水揚げ、真っ盛り

安芸津のカキは身がしまって味が濃いけ〜ね!

  • ▲早朝、カキが付いた10mのワイヤーを引き上げる森下水産の森下純二さん。作業場でむき身にし、その日のうちに出荷する。

  • ▲リズミカルにカキの殻をむく打ち子


▲広島のブランドカキ「かき小町」。これからもっと身が太る。かき小町は、水揚げされていない時もあるため、問い合わせをしてから直売所に行くといい。

 冬の味覚、カキが旬を迎え、東広島市安芸津町では水揚げが本格化している。安芸津のカキは、「小ぶりだが、身がしまって、味が濃い」と定評がある。

 同町のカキの生産者は18戸。三津には安芸津漁協の共同作業所があり、9戸がカキ打ちから出荷、直売までを行っている。「かきの小路」として看板を掲げ、特に買い物客の多い年末は活気づく。

 共同作業所ができた昭和41年には25戸が軒を連ねていた。高齢化による担い手不足で、その数が減少。ここ数年は外国人の技能実習生を受け入れながら、カキ漁を守り続けている。

 水揚げは10月〜5月。カキを打つ従業員は「2〜3月が一番おいしいよ」とにっこり。

  • ▲安芸津町の三津湾

  • ▲三津湾にある安芸津漁協の共同作業場。買い物客がカキ打ちを見ることもできる

撮影 井川良成 文 橋本礼子

>>カキの直売所マップ


最新ニュース

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」

市の西側玄関口 標語を更新し除幕式 国道2号沿いの交通安全広告塔

レベルの底上げを 中学生に野球指導 伯和ビクトリーズ

龍王住民自治協が設立 市内48番目 龍王小開校で

「やさしい未来都市 東広島」 新ブランドメッセージ決まる

大会優勝と日本代表選出を報告 広島Salire 東広島市長を表敬訪問

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】大学生の起業による定住

児童らマツダラガーマンと交流 郷田小でタグラグビー教室

全国大会で3位に輝く 2月末解散 中黒瀬小合唱部

「ブランコ」閉鎖 「居場所をなくさないで」 児童向け施設存続求め市に署名提出

「故郷に誇りを」組曲「西條」を構想 元中学校校長 平田 剛さん

西条農高生考案のサンドイッチ あすなろベイキングカンパニーで商品化

東広島の未来について考える 大学生と市民がアイデアを提案


pagetop