ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/1/23

安芸津、海の恵み カキの水揚げ、真っ盛り

安芸津のカキは身がしまって味が濃いけ〜ね!

  • ▲早朝、カキが付いた10mのワイヤーを引き上げる森下水産の森下純二さん。作業場でむき身にし、その日のうちに出荷する。

  • ▲リズミカルにカキの殻をむく打ち子


▲広島のブランドカキ「かき小町」。これからもっと身が太る。かき小町は、水揚げされていない時もあるため、問い合わせをしてから直売所に行くといい。

 冬の味覚、カキが旬を迎え、東広島市安芸津町では水揚げが本格化している。安芸津のカキは、「小ぶりだが、身がしまって、味が濃い」と定評がある。

 同町のカキの生産者は18戸。三津には安芸津漁協の共同作業所があり、9戸がカキ打ちから出荷、直売までを行っている。「かきの小路」として看板を掲げ、特に買い物客の多い年末は活気づく。

 共同作業所ができた昭和41年には25戸が軒を連ねていた。高齢化による担い手不足で、その数が減少。ここ数年は外国人の技能実習生を受け入れながら、カキ漁を守り続けている。

 水揚げは10月〜5月。カキを打つ従業員は「2〜3月が一番おいしいよ」とにっこり。

  • ▲安芸津町の三津湾

  • ▲三津湾にある安芸津漁協の共同作業場。買い物客がカキ打ちを見ることもできる

撮影 井川良成 文 橋本礼子

>>カキの直売所マップ


最新ニュース

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

食材のうま味 プロが生かす 広島県料理業生活衛生同業組合 藤田寛治さん

配達OK!! グルメデリバリー通信

営業再開 店舗一覧(2020/5/28)

新型コロナ対策 素朴な疑問 【東広島市社会福祉協議会編】

臨時休校 東広島市の保護者の不安 【生活面編】

東広島でも広がる! 子どもの学び、オンラインで応援!

東広島生活応援ナビ 紙面×WEB×ラジオで情報発信!

心身の悩み 相談に応じる 東広島市が高齢者電話相談窓口を開設

東広島市新型コロナ対策 市営住宅を提供 解雇などで退去の市民に

生活困窮者など支援しよう 寄付金を受け付け 東広島市

特別定額給付金の申請受付開始 東広島市 地元の大学生を事務で採用

地域の経営者を全力支援 せとうちみらいパートナーズ 東広島事務所を開設

23日に1周年記念イベント とれたて元気市となりの農家店

マスク寄贈など支援の輪広がる 東広島市や市社協に申し出

かんきつ思わせる爽やかな香り 「純米吟醸 夏まつり」販売開始 西條鶴醸造


pagetop