ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/14

どう向き合ってる? 税と高校生

11月11〜17日は税を考える週間

 税に対する関心を一層深めようと、国税庁は毎年、「税に関する高校生の作文」を全国から募集している。全国1818校から21万4421編の作文が寄せられ、入賞者が決まった。西条税務署管内では、同署長賞に4人が選ばれた。高校生は、税とどう向き合っているのか。その思いを紹介。作文全文はWEBで読める。

県立広島高校1年 荒川祐衣さん

<作文のテーマ> 子どもたちへ
【作文の内容】

 世界には、学校に行けない子どももいるが、私たちが学校で勉強できる「当たり前」の生活は、税金に支えられている。義務教育は、国民から子どもたちへの投資。投資されたものとしての使命と次の世代のために投資する責任がある。

【学んだこと】

 作文をきっかけに、税金について調べました。税金が、道路や公共の施設など、自分の今まで知らなかった部分に使われていることが分かりました。


県立広島高校1年 松山泰直君

<作文のテーマ> 知らせること、知ろうとすること
【作文の内容】

 悪い印象しか持っていなかった税について調べてみると、税は国民のために使われていることも分かった。税について批判が多いが、税に対する関心が薄いことが問題だと思うので、自分から知ろうとすること、知ることができる仕組みが必要。

【学んだこと】

 増税の必要性についてなど、一方的な見方ではなく、実際はどうなんだろうと考えることができるようになり、税に対する考え方が変わりました。


武田高校1年 川ア萌さん

<作文のテーマ> 税金で成り立つ教育
【作文の内容】

 私たちが教育を受けられているのは、幸せなことで、義務教育は税金で成り立っている。教育が受けられないことで起こるさまざまな問題について触れ、税金によって支えられた教育を受けることの重要性を訴える。

【学んだこと】

 義務教育では、机や椅子なども税で支えられていて、今まで税に支えられていたこと、いろいろな税の使い方があることを知ることができました。


県立西条農業高校1年 M谷愛梨さん

<作文のテーマ> 小さな八円? 大きな八円?
【作文の内容】

 私たちは8%の税金を支払っていて、その税金で国は動いている。身近で税金が使われているものに思いを巡らせ、税金が生活を支えてくれていることを実感。増税で苦しむ人にも着目。多くの人に税を納めることの大切さなどを感じてほしい。

【学んだこと】

 政治には全く関心がなかったけれど、税についていろいろと調べて考えることで、政治について、どうあるべきかなど、考えるきっかけになりました。


トピックス
児童・生徒の作品 東広島市で展示

 東広島市内の小中学生、高校生の租税作品の展示が東広島市で行われている。
 11月11〜15日は東広島市役所1階ロビーで、小学生の絵はがき、中学生の作文と習字、高校生の作文を展示(入賞作品のみ)。19〜24日は、フジグラン東広島で小学生の税に関する絵はがきを展示。


中学生を対象にした作文や習字

 国税庁、全国納税貯蓄組合連合会、中国納税貯蓄組合連合会は、中学生を対象にした税についての作文や習字を募集し、入賞者を決め、表彰している。東広島市の入賞者は次の通り。

【中学生の税の作文】国税庁、全国納税貯蓄組合連合会共催

▽西条税務署長賞=竹田百花(県立広島1年)、山下杏美(県立広島1年)
▽東広島市長賞=中村美葵枝(県立広島1年)
▽西条税務署管内税務協力団体連絡協議会会長賞=土伏葵(松賀2年)
▽公益社団法人東広島法人会会長賞=小林蒼太(高屋2年)
▽中国税理士会西条支部長賞=佐藤百佳(県立広島1年)
▽西条納税貯蓄組合連合会会長賞=松浦ゆずは(磯松3年)、五閑さくら(県立広島1年)、高橋凛(中央3年)、森林音翔(高屋3年)、落さくら(安芸津2年)、岡本希華(黒瀬3年)

【中学生の税の習字】 中国納税貯蓄組合連合会主催

▽西条税務署長賞=藤原小羽(黒瀬)
▽東広島市長賞=福本莉菜(高美が丘)
▽西条税務署管内税務協力団体連絡協議会会長賞=坪田明香里(八本松3年)
▽公益社団法人東広島法人会会長賞=宮本純奈(志和1年)
▽中国税理士会西条支部長賞=鳥居みなみ(高美が丘1年)
▽西条納税貯蓄組合連合会会長賞=時永彩香(西条3年)、山本菜々華(黒瀬)、黒川明日香(中央2年)、佐々木優(高屋3年)、樋口千寧(松賀3年)、打明暖乃香(磯松2年)、沖原龍也(安芸津3年)、渡辺舞(福富)、森田菜々美(武田2年)、池野春花(向陽)


最新ニュース

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」

市の西側玄関口 標語を更新し除幕式 国道2号沿いの交通安全広告塔

レベルの底上げを 中学生に野球指導 伯和ビクトリーズ

龍王住民自治協が設立 市内48番目 龍王小開校で

「やさしい未来都市 東広島」 新ブランドメッセージ決まる

大会優勝と日本代表選出を報告 広島Salire 東広島市長を表敬訪問

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】大学生の起業による定住

児童らマツダラガーマンと交流 郷田小でタグラグビー教室

全国大会で3位に輝く 2月末解散 中黒瀬小合唱部

「ブランコ」閉鎖 「居場所をなくさないで」 児童向け施設存続求め市に署名提出

「故郷に誇りを」組曲「西條」を構想 元中学校校長 平田 剛さん

西条農高生考案のサンドイッチ あすなろベイキングカンパニーで商品化

東広島の未来について考える 大学生と市民がアイデアを提案


pagetop