ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/14

再復活、白市歌舞伎

「伝統を継承」4年ぶりに公演


▲練習に励む子ども歌舞伎の出演者。右は大人歌舞伎の練習の一コマ。

撮影/井川良成 文/橋本礼子


▲最初に白市歌舞伎を復活させたグループの一人で、現在、子ども歌舞伎の指導に当たる桧山昭敏さん(89)。本番で使うかつらは全て桧山さんの手作り。

 高屋東の地域住民による「白市歌舞伎」が11月24日、高屋東小体育館で行われる。子ども歌舞伎、大人歌舞伎の2部構成で、出演者らは本番へ向け、練習に励んでいる。

 白市歌舞伎は今回、再復活≠ニなる。最初の復活は1993年。江戸時代から昭和後期にかけて白市にあった芝居小屋「長栄座」での歌舞伎の文化を、地域住民らが自らが演じる「白市歌舞伎」として蘇らせた。

 毎年、公演を行ってきたが、裏方も演者も高齢化したことなどを理由に、2015年を最後に休止。今年、「伝統を消してはいけない」という声が上がり、出演経験のある住民たちが中心となって、再び復活させることになった。

 弁天小僧を演じる高屋東小6年の小平真桜さんは、「格好よくセリフを言えるよう頑張りたい」と意気込んでいる。

 公演は13時〜。入場無料。問い合わせは白市歌舞伎実行委員会の天野誠さん090(7506)4373へ。

写真左は、今回子ども歌舞伎に出演する小学生9人。「白波五人男 浜松屋店先の場」を演じる。写真右、下は大人歌舞伎の練習の一コマ。高校生から60代まで10人が出演。「白波五人男 稲瀬川勢ぞろいの場」を演じる。


昔から歌舞伎が身近だった

写真左は昭和30年ごろの長栄座。市場「牛馬市」が開かれるときは、上方から歌舞伎役者を招いた上演が行われ、大人も子どもも歌舞伎に愛着を持っていた。次第に素人歌舞伎も盛んになった。 写真右は1993年、住民らによる1回目の「白市歌舞伎」(いずれも実行委員会の提供)。


>>白市の歴史をもっと知りたい!

演目の見どころは?

白市歌舞伎メンバーによる解説をFM東広島(89.7MHz)で放送

11月20日(水)13時台

>>スマホでラジオが聞ける!


最新ニュース

100円カレンダーで社会貢献 ケナフの会がチャリティーイベント

救急医療の適正利用を呼び掛け 東広島市が街頭キャンペーン

餅つきや書き初め体験 外国人350人が日本の正月に触れる

地元企業の経営を後押し プレイベントで事例学ぶ 新ビジネス拠点「ハイビズ」

園児が描く「ゆめの家」 ショールーム内で絵画展 大和ハウス工業広島東支店

秋の叙勲 喜びの声 低次元伝導体の物理学を研究 挑戦精神で人生歩む

東広島市と5事業者 新電力会社を設立 公共施設に電力供給

NPO法人「きずな」に物置を寄贈 自動車総連広島地方協議会

広島大学 新たな学生活動拠点オープン オタフクソースが鉄板を寄贈

復旧復興の加速化へ向けて高垣市長と地域住民が意見交換

ホームページに本棚機能追加 東広島市立図書館がHPリニューアル

アルミ缶回収で優秀賞 原小がアルミ缶リサイクル協会から

新年互礼会で決意新た 竹原・東広島商議所

新美術館 11月3日に開館 開館記念し2回の特別企画展

本会議欠席 大谷市議に戒告 東広島市議会

11日に新春駅伝 一部で車両通行禁止

東広島マツダ会がクリスマスプレゼント

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】スポーツと地域貢献

障害者の「働きたい」をサポート 「あおぞらぱん屋さん」2店舗目開店

陸上教習のノウハウ生かす ドローンスクール開校 賀茂自動車学校

秋の叙勲 喜びの声 瑞宝双光章 元東広島市消防団長 中務和昭さん

武田高からオリックスへ 谷岡楓太さん「200勝目標に息の長い投手に」

なでしこリーグ愛媛に入団 広島大学女子サッカー部 齋原みず稀さん

全国ジュニア・ラグビーフットボール大会に出場 戸田新さん 県代表に選出

高齢者宅の電気設備を点検 中国電力東広島営業所

救急相談ダイヤル#7119 「今すぐ受診か迷う…」 夜間・休日は積極的に活用を

初日の出は龍王山で 恒例の初登頂に向け準備 東広島商議所青年部

新酒・干支ラベル 大学生がデザイン 西條鶴醸造

広島大学の若手研究者に聞く 大学院統合生命科学科学研究科研究員 竹之内惇さん

日本の20世紀遺産選定 「西条の酒造施設群」銘板でPR 西条RCが寄贈

秋の叙勲 喜びの声 瑞宝単光章 元東広島市消防団副団長 土居則行さん


pagetop