ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/14

再復活、白市歌舞伎

「伝統を継承」4年ぶりに公演


▲練習に励む子ども歌舞伎の出演者。右は大人歌舞伎の練習の一コマ。

撮影/井川良成 文/橋本礼子


▲最初に白市歌舞伎を復活させたグループの一人で、現在、子ども歌舞伎の指導に当たる桧山昭敏さん(89)。本番で使うかつらは全て桧山さんの手作り。

 高屋東の地域住民による「白市歌舞伎」が11月24日、高屋東小体育館で行われる。子ども歌舞伎、大人歌舞伎の2部構成で、出演者らは本番へ向け、練習に励んでいる。

 白市歌舞伎は今回、再復活≠ニなる。最初の復活は1993年。江戸時代から昭和後期にかけて白市にあった芝居小屋「長栄座」での歌舞伎の文化を、地域住民らが自らが演じる「白市歌舞伎」として蘇らせた。

 毎年、公演を行ってきたが、裏方も演者も高齢化したことなどを理由に、2015年を最後に休止。今年、「伝統を消してはいけない」という声が上がり、出演経験のある住民たちが中心となって、再び復活させることになった。

 弁天小僧を演じる高屋東小6年の小平真桜さんは、「格好よくセリフを言えるよう頑張りたい」と意気込んでいる。

 公演は13時〜。入場無料。問い合わせは白市歌舞伎実行委員会の天野誠さん090(7506)4373へ。

写真左は、今回子ども歌舞伎に出演する小学生9人。「白波五人男 浜松屋店先の場」を演じる。写真右、下は大人歌舞伎の練習の一コマ。高校生から60代まで10人が出演。「白波五人男 稲瀬川勢ぞろいの場」を演じる。


昔から歌舞伎が身近だった

写真左は昭和30年ごろの長栄座。市場「牛馬市」が開かれるときは、上方から歌舞伎役者を招いた上演が行われ、大人も子どもも歌舞伎に愛着を持っていた。次第に素人歌舞伎も盛んになった。 写真右は1993年、住民らによる1回目の「白市歌舞伎」(いずれも実行委員会の提供)。


>>白市の歴史をもっと知りたい!

演目の見どころは?

白市歌舞伎メンバーによる解説をFM東広島(89.7MHz)で放送

11月20日(水)13時台

>>スマホでラジオが聞ける!


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop