ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/6/27

なぜ乳がん検診は40歳から?

早期発見から早期治療につなげる定期検診


仁科麻衣 医師
 広島大学病院乳腺外科病棟診療医。東広島市西条岡町の本永病院で、毎週金曜日午前中の乳腺外来を担当。

 日本では女性の11人に1人の割合で発症している「乳がん」。罹患りかん率は高いものの死亡率は低く、「早期発見と早期治療で完治を目指せる」と専門医は話す。そのためにも定期的な検診が欠かせない。自治体では40歳以上の女性を対象に、乳がん検診を行っている。なぜ、40歳からなのか、など乳がんの疑問について専門医に聞いた。(健康取材班)

マンモグラフィーによる乳がん検診は、なぜ40歳以上が対象?

 乳がんの発症は20、30代では少なく、40代から急激に高まります(下表)。また、若い人の乳腺は密度が濃く、マンモグラフィーに白く写り、同じよ うに白く写るしこりを発見しづらいという側面もあります。乳腺組織は年齢とともに脂肪に置き変わり黒っぽくなるので、白いしこりを発見しやすくなります。これらの理由から、40歳以上で推奨されています。

検診は2年に1度で大丈夫?

 マンモグラフィー検診は、低量ですが放射線にさらされます。被爆によるリスクや発見の可能性のバランスを見て、適当な頻度だと思います。検診で高濃度乳腺と言われた人は、マンモグラフィーと超音波の検査を毎年交互に受診するのもおすすめです。乳腺の濃さには個人差があり、乳がんにもいろいろなタイプがありますので、2つの検査の組み合わせが早期発見に効果的です。

 大切なのは、検診を継続して受けていただくことです。前回の結果と比較することで早期発見につながり、経過から乳がんの有無やタイプを判断することができます。定期的な検査を同じ病院で受けられるとデータを多く残すことができ、治療へつながりやすくなります。

乳がんになりやすいのはどんな人?

 乳がんは、女性ホルモンにさらされている期間が長いほどリスクが高まります。閉経と共にリスクは落ちますが、60代以上、90代でも発症はあります。最近の研究で、閉経後の肥満は乳がんリスクが高まるこ とも分かってきました。

 20、30代の人でも家族に乳がんや卵巣がんの人がいる人は特に、定期的なセルフチェックをしてください。若い人は乳腺が固くしこりが分かりにくいのですが、乳房を左右同時に触ってみると違いが分かりやすいですよ。

乳がんになりやすい人

□40歳以上
□未婚
□高齢初産をした(出産をしていない)
□初潮が早く、閉経が遅い
□閉経後、肥満になった
□血縁者に乳がんになった人がいる
□良性の乳腺疾患になったことがある
□乳がんになったことがある
□閉経後ホルモン補充療法・経口避妊薬使用の経験がある

「乳がんと分かると怖い」と検診を避ける人もいるようです。

 日本人女性がかかるがんの中で、乳がんの罹患数は第1位ですが、死亡数はがんの中で第5位。進行が緩やかなので乳がんが原因で亡くなる人は少なく、完治を十分に目指せる病気です。テレビ番組などで進行の早い乳がんがクローズアップされ、心配する人も多いですが、大体の人はホルモンの薬によって、緩やかに診ていくことができま す。「あの人の乳がんと私の乳がんは違うかもしれない」ということを頭に入れておいてください。

 乳房で気になることがある人や、しばらく検診を受けていないので不安という人は、病院の乳腺外来も検討ください。

 リスクの高い世代は早期発見、そこから早期治療につなげたいというのが乳腺外科医の思いです。


Let's セルフチェック 自分で発見できるがん

 乳がんは「唯一、自分で発見できるがん」といわれている。自分で触れたり観察したりして早期発見につなげたい。もちろん、40歳以上の人は乳がん検診も併せて受けたい。

How to

■あおむけで触診

@右腕を頭の後ろに置き、左手の親指以外の4本の指の腹で、右の乳房を軽く圧迫しながら、まんべんなく触れしこりがないか調べる

Aそのままの状態で右の脇の下にしこりがないか調べる

B左腕を頭の後ろに置き、左の乳房、脇の下を調べる

■鏡を見ながら観察

@両手を下げて@乳房の形に左右で差がないかA乳房にしこりやくぼみはないかB乳首がへこんだりただれができたりしていないか−をチェック

A両手を頭の後ろで組んでと同じ3点をチェック

■座って触診

 最後に左右の乳首を軽くつまみ、血のような異常な液が出ないか調べる

Timing

生理が終わって1週間後に、閉経後の人は月1回日にちを決めてセルフチェックを。

Check 次の症状があれば乳腺外来を受診を。

□しこりがある
□乳房の皮膚にひきつれやくぼみがある
□乳頭が最近陥没してきた
□乳頭から分泌物(血が混じったもの)が出る
□乳房の皮膚がオレンジ色のように変色している
□乳頭がただれたり、びらんが生じている
□脇の下にぐりぐりがある


最新ニュース

東広島市社協に車を寄贈 西条ロータリークラブ

安芸津で総合防災訓練 豪雨発生を想定 700人が参加

152人が自慢ののど披露 市長杯オープン歌謡選手権

ベテランからビギナーまで134点ずらり 第29回東広島合同写真展

介護サポーターになりませんか 退職後の就労先として注目

広島地区本部から過去最多入賞 少林寺流錬心舘全国空手道選手権

みんな笑顔に! 西条町寺家に歯科医院が開院 みんなの歯科クリニック

連載特集 もう一つの空き家問題 学生アパートの今昔事情

くららの大ホール裏側を見学 親子連れら45人

若いアイデア 内装に反映 ミライノ+

東広島商工会議所青年部だより 8月例会

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】地域で活躍する学生

遺族ら250人が平和への誓い新たに 東広島市戦没者追悼式

カヌーやヨットを体験 小学生たちに指導 B&G黒瀬安芸津 海洋クラブ

竪穴住居跡など発掘 友松3号遺跡で説明会

東広島の空き家問題 第3弾 不動産業者の本音

書で原爆への怒りを訴え 被爆者 青山さんが作品展

核兵器のない世界を 原水禁国民平和大行進

東広島市 広島大への交通手段確保へ カーシェア活用し社会実験

吟剣詩舞に親しむ190人が参加 第5回日本コロムビア吟詠音楽会

運転免許の自主返納者増加 バス運賃割引の社会実験 東広島署など実施

世界各地の社会課題考える 近大附中3年生 留学生と英語で学ぶ

広島大学 輝く学生 広島大体育会女子剣道部


pagetop