ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/6/27

いつ避難、ナニで判断? 

広島大学防災・減災研究センターに聞く

西日本豪雨の経験・数値を「物差し」に

 「警戒レベル4、速やかに避難を」。大雨が降った広島市は6月7日、気象庁が運用を始めた5段階の「警戒レベル」の「4」を全国で初めて発表した。避難勧告に相当するが、実際に避難した人は少なかった。昨年7月の西日本豪雨でも課題となった「避難のあり方」。私たちが取るべき行動は。(防災取材班)

 広島大学防災・減災研究センターの土田孝センター長は、「私たちは経験によって、このくらいの雨なら今すぐ逃げなくてもいい、もっと激しくなって避難すればいいという、暗黙の了解のような感覚を持っている」と言う。地震は突然やってくるが、豪雨災害はだんだんやってくる。避難する状況に至るまでに時間があると判断してしまう。6月7日の豪雨で早期避難した人が少なかったのも、「まだ大丈夫」という心理が生まれたと考えられる。

 しかし、ここ10年で強い雨が長い時間続くケースが明らかに増え、「まだ大丈夫」という状況から「非常に危ない」状況までの時間が非常に短くなっていることを忘れてはならない。

 6月7日の累加雨量は100ミリ強とさほど多くなかったが、そのまま雨が降り続いたり強い雨があったりすると一気に危険なレベルに達し、避難が遅れる可能性があった。避難勧告は、「次に雨が降ったらどうなるか」を予測して発令されている。

 土砂災害の危険度は、今の雨量とそれまで降った雨量の影響を受ける。

 状況の把握に役立つのが「広島県防災Web」などで提供されている雨量実況だ。だが、こういった数字は日ごろから見慣れていないと、いざというときにすぐに理解できない。「この降り方でこの雨量か、と数字と実感を結び付けると理解が深まる。人は驚くような大雨でもそれが続くと異常であることに気づかなくなることもある。数字はこうした感覚のずれを修正してくれる」と土田センター長は言う。

 昨年の豪雨災害の数値を知っておこう(別掲参照)。あの時の雨よりも強い、雨が長く降っているなど、状況を見る物差しになる。その物差しで行政が発信する情報や避難勧告を正しく理解できれば、どう行動するかが判断できる。

雨が降ったらここを見て!

スマホなどでQRコードを読み取ると各ページにアクセスできます。

 土砂災害警戒情報の内容を補足する、地域の詳細な土砂災害発生危険度が分かる。広島県一帯を5キロまたは1キロの間隔で分割し、その1マスごとに土砂災害の危険度を表示。危険度の高低は色分けされ、最も危険度が高いときは濃い紫色で、すでに土砂災害発生危険基準を超過した状態。明るい紫色は今後1時間以内に基準を超過すると予想される状態を意味する。どちらも警戒レベル4相当。

こう見る!

 土砂災害の危険度は累加雨量と直近の雨量(1時間)で判定されている。累加雨量100ミリのときに1時間30ミリ以上の雨が降ると、がけ崩れの可能性がある。累加雨量150ミリのときに1時間50ミリ以上の雨が降ると、土石流が起こる可能性がある。累加雨量が増えるとより小さい直近の雨で土石流が発生しやすくなるため、60分雨量と累加雨量の2つのデータを組み合わせて危険度を判断しよう。


※405件の観測局があるため、自分がいる場所に近い観測局をチェックしよう。
西日本豪雨の時は…

 2018年7月6日、東広島市では朝から雨が降り続き、累加雨量は150〜200ミリに。この上、19時に60分雨量70ミリの大雨が降り、累加雨量も急激に上がって250ミリを超えた。このときから朝方にかけて、土砂災害が発生した。


知っておきたい
土砂災害の前兆は?

 2014年8月20日の広島豪雨災害の被災者による体験談集には、「地響き」「青臭い木の臭い」など、土砂災害の前兆とみられる記述がある。過去の被害を教訓に、防災意識を高めておきたい。

体験談集⇒

警戒レベルって?

 気象庁が運営を始めた「警戒レベル」。「警戒レベル4、全員避難」など防災情報を分かりやすく5段階で示す。どのレベルで、どんな行動をするべきか、大雨が降る前に知っておこう。

広島県「みんなで減災」はじめの一歩⇒


最新ニュース

100円カレンダーで社会貢献 ケナフの会がチャリティーイベント

救急医療の適正利用を呼び掛け 東広島市が街頭キャンペーン

餅つきや書き初め体験 外国人350人が日本の正月に触れる

地元企業の経営を後押し プレイベントで事例学ぶ 新ビジネス拠点「ハイビズ」

園児が描く「ゆめの家」 ショールーム内で絵画展 大和ハウス工業広島東支店

秋の叙勲 喜びの声 低次元伝導体の物理学を研究 挑戦精神で人生歩む

東広島市と5事業者 新電力会社を設立 公共施設に電力供給

NPO法人「きずな」に物置を寄贈 自動車総連広島地方協議会

広島大学 新たな学生活動拠点オープン オタフクソースが鉄板を寄贈

復旧復興の加速化へ向けて高垣市長と地域住民が意見交換

ホームページに本棚機能追加 東広島市立図書館がHPリニューアル

アルミ缶回収で優秀賞 原小がアルミ缶リサイクル協会から

新年互礼会で決意新た 竹原・東広島商議所

新美術館 11月3日に開館 開館記念し2回の特別企画展

本会議欠席 大谷市議に戒告 東広島市議会

11日に新春駅伝 一部で車両通行禁止

東広島マツダ会がクリスマスプレゼント

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】スポーツと地域貢献

障害者の「働きたい」をサポート 「あおぞらぱん屋さん」2店舗目開店

陸上教習のノウハウ生かす ドローンスクール開校 賀茂自動車学校

秋の叙勲 喜びの声 瑞宝双光章 元東広島市消防団長 中務和昭さん

武田高からオリックスへ 谷岡楓太さん「200勝目標に息の長い投手に」

なでしこリーグ愛媛に入団 広島大学女子サッカー部 齋原みず稀さん

全国ジュニア・ラグビーフットボール大会に出場 戸田新さん 県代表に選出

高齢者宅の電気設備を点検 中国電力東広島営業所

救急相談ダイヤル#7119 「今すぐ受診か迷う…」 夜間・休日は積極的に活用を

初日の出は龍王山で 恒例の初登頂に向け準備 東広島商議所青年部

新酒・干支ラベル 大学生がデザイン 西條鶴醸造

広島大学の若手研究者に聞く 大学院統合生命科学科学研究科研究員 竹之内惇さん

日本の20世紀遺産選定 「西条の酒造施設群」銘板でPR 西条RCが寄贈

秋の叙勲 喜びの声 瑞宝単光章 元東広島市消防団副団長 土居則行さん


pagetop