ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/1/24

市長と語ろう! 気軽におしゃべり
【テーマ】 未来の東広島

石丸さん「学生がさらに集まり、地域とつながれるまちに」
高垣市長「AIが進化した社会をイメージし、今ある課題に対応」


高垣広徳市長

 東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、今年、成人式を迎えた大学生・石丸千襟さん(黒瀬町)と「未来の東広島」について、FM東広島の番組でおしゃべり。その一部を紙面で紹介。

 ―この20年、大きく時代は変わってきました。これから、さらにどう変わると思いますか。

高垣 人工知能(AI)や、モノをインターネットでつなぐ「IoT」が急速に進化しています。自動運転で連結して走る自動車や、体内に埋め込んだICチップでの電子決済などが広がる時代も、遠からず来るといわれています。ロボットも進化し、私たちの分身として、介護や通訳などをさらにサポートするようになるでしょう。その時に、どんな施策がいいかをイメージしながら、今の課題に対応していく、このように考えています。

 ―石丸さんは現在、広島大学でどんな勉強を。

高垣市長(左)と石丸さん

石丸 人間が作り出した芸術や、人間の倫理観などを複合的に研究しています。

高垣 大きく社会が変わり、AIが人間を超える日が来るといわれる中でも、芸術、倫理、哲学、どう生きるかなどが最後の大きなテーマ。そこを押さえていないと将来を見ながらどうやって生 きていくか、答えが出ない。仕事がテクノロジーに取って代わられることがあるが、新しい仕事も生まれる。その時は創造性、芸術性、倫理観、トータルでいうと『人間力』が必要となってくる。時代は変わってきたが、倫理、哲学は生き続けています。

 ―石丸さんは今後、どんな東広島になったらいいと思いますか。

石丸 学びたいという学生をもっと取り入れるためにも、交通の利便性が向上し、地域での交流が活性化したらいいと思います。人と人とのつながりはかけがえのないもの。いろんな人とつながれるようになった時代だからこそ、つながりを大事にしていきたい。

高垣 市民の1割が学生。市の行事や課題にも関心を持ってもらい、若いアイデアを課題の解決に生かしてもらうと、地域との関係性が深くなる。若い人が社会と関わることで、ネットワークが広がります。


話の続きはFM東広島で放送(89.7MHz)
日時/1月25日(金)12時25分〜


pagetop