ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/12/6

3年連続全国小学生クロカン出場 

陸上クラブの東広島TFC


▲全国小学生クロカン大会に出場する東広島TFCのメンバー

 東広島市内外の小中学生でつくる陸上クラブ「東広島TFC」のメンバーが、12月8、9日に大阪府で行われる「日清食品カップ第21回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会」に出場する。9月にあった広島県予選大会で優勝し、3年連続3回目の出場を決めた。

 出場するのは、男子の三宅悠斗君(11)、新木大翔君(12)、新木悠雅君(12)、末田唯久海君(10)と、女子の清水彩加さん(12)、本田海央さん(12)、高取亜也子さん(12)、堀菜々美さん(12)。

 競技には全国各地の予選会を勝ち上がった50チームが参加。6区間9キロのコースでたすきをつなぎ、順位を競う。昨年の大会にも出場した三宅君は「厳しい練習も頑張ってきたので、去年できなかった8位入賞を絶対にかなえたい」と意気込む。花守慎太郎監督は「3年連続なので、入賞してくれれば」と話していた。

 同クラブは、11月に行われた広島県小学生総合体育大会の陸上競技の部でも、2年連続で男女アベック総合優勝を果たした。女子の80mハードルと4×100mリレーに出場した女子キャプテンの石川菜央さん(12)は「みんなで頑張った結果、優勝できて本当に良かった」と笑顔だった。

(茨木)


pagetop