ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/10/11

しの笛演奏、入寮者と笑顔で交流 

高美が丘中3年生 御薗寮訪問

 東広島市高屋高美が丘の市立高美が丘中(脇坂治海校長)の総合自己表現活動でしの笛コースを選択している3年生12人は9月27日、同市高屋町高屋堀の特別養護老人ホーム御薗寮を訪れ、演奏会を行った。今年で8回目。

 生徒は「ほたるこい」や「浜千鳥」など7曲を演奏。その後、生徒は利用者と手をつなぎ、しの笛指導の川口裕子さんの演奏に合わせてリハビリ体操をし、笑顔で交流を楽しんだ。

 演奏会の後、生徒は学校で育てた菊の苗木3鉢を施設へ贈った。同校では、地域の住民自治協議会など学校外部と連携して緑化活動を行っており、その取り組みの一環で、生徒全員で菊を育てている。その活動が評価され、「平成29年度全日本学校関係緑花コンクール

 学校環境緑化の部」で特選・文部科学大臣賞を受賞し、表彰されている。

 (村岡)


pagetop