ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/9/6

地域のキーパーソン KEY PERSONS

音楽に合わせてる楽しさが魅力

西条町寺家
DANCE STUDIO LEAP
Shihoさん

 ダンスは「自分を成長させてくれる」と話すのはダンススタジオリープのインストラクターShihoさん。主に未就学児のダンス入門クラスや初心者クラスを担当。「初めはママから離れてスタジオに入るのも嫌がっていた子どもたちがレッスンを重ねるごとに徐々に慣れていき、発表会で堂々と踊っている姿を見たときがうれしい瞬間」と笑顔。

 小学6年生からダンスをはじめ、指導者になる夢を高校時代に描いた。ダンスで役立つ知識を習得するため、高校を卒業後、身体の運動機能を学ぶ専門学校に通った。夢をかなえた今では多くの児童を指導している。

 幼少時からリズム感、柔軟性を養うことで社交性、協調性を養うことができるのがスクールの魅力。音楽に合わせて踊る楽しさを体感してみて」と呼びかける。


いろいろなジャンルの音楽が楽しめる楽器

西条東
ハママツ楽器 音楽教室
阿部亜希子さん

 小学生から年配まで幅広く親しまれているトランペット。いろいろなジャンルの音楽を楽しむことができ、メロディやソロを多く担当できる存在感のある楽器の一つ。

 コンパクトで、楽器を始めるのに入りやすいイメージがあるトランペットだが、音を出すのに苦労する人が多いと、ハママツ楽器音楽教室の講師、阿部亜希子先生は言う。「吹き方が分かると楽しい楽器です。きれいな音を聴かせることができる楽器なので目立ちたい人にはおすすめです。ストレス発散にもいいですよ」と話している。

 ハママツ楽器がすすめるヤマハ音楽教室のレッスンは、伴奏を使ったレッスンなので楽しく習うことができる。


花の一瞬を再現できる日本の伝統である布花


写真は生徒さん

西条町
手染め創作布花 千里・ちさと
相川千里さん

 約50年前、生花を手に入れることが困難だった時代に、手づくりで花を咲かせていた布花。白い布をカットし、コテを使用して表情を作り、花を咲かせる。

 布花作家として活動する相川千里主宰は、布花の世界観と花の一瞬を表現する 創造性にひかれ、長年活躍している越智みさお氏、森知子氏に師事し技術を引き継いでいる。

 「布花の魅力は、花の一瞬を再現できることです。咲いた花の生命観あふれる様子や、枯れていくときのはかなさ、時間によって表情を変え、同じものはひと つとして存在しない花びらや葉の形。その一瞬一瞬を、時を止めたように表現できるアートです」と話す。

 単に素材に布を使って作るだけではなく、その行程に込める思いが花の表情となる。手先ではなく心で咲かせる一輪は、安らぎや癒やし、感動を与えてくれると相川主宰は言う。


pagetop