ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/8/9

大久野島の土産品に もみじまんじゅう「うさぎBOX」

にしき堂と竹原市観光協会が開発


▲今栄市長(右)に商品の説明をする大谷社長(中央)と宮原会長

 菓子製造販売のにしき堂(本社・広島市東区、大谷博国社長)と竹原市観光協会(宮原三郎会長)が共同開発した、新たな竹原市の土産品「うさぎBOX」が出来上がった。

 「うさぎBOX」は、同市大久野島に生息するウサギをイメージして作った。かわいいウサギが描かれた箱を開けると、ウサギにちなんだ、お餅もみじまんじゅうが5個入っている。箱は広げることができ、大久野島の地図やウサギの写真などを掲載。箱の側面にはQRコードがあり、竹原市の観光情報にリンクしている。

 ウサギ人気から大久野島を訪れる観光客は増加しているが、大久野島には代表的な土産品がないことから、同観光協会が、県菓子工業組合の理事長を務める大谷社長に相談。協議を重ね「うさぎBOX」の誕生にこぎ着けた。

 大谷社長は「うさぎBOXが観光客の良い思い出になれば」と話し、宮原会長は「リピーターの増加につながれば」と期待。今栄敏彦市長は「商品を誇りに思ってPRしていきたい」と力を込めた。

 「うさぎBOX」は竹原市内限定販売。7月2日から大久野島の観光案内所とホテル清風館(大崎上島町)で販売。価格は650円(税込み)。今後は竹原駅前観光案内所などでも販売していく。

  (石田)


pagetop