ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索
プレスネットでは、7月17日配布開始の7月19日号で、今回の大雨被害について特集しています

2018/7/5

保育士の交流セミナー グループワークで悩み解決

東広島市


▲付箋に課題を書き出し、解決法を話し合う参加者

 東広島市は6月14日、市役所4階の会議室で「保育士さんの交流セミナー」を開いた。昨年10月に初めて行われ、今回が2回目となる。

 参加者は市内に勤める勤務年数1〜3年の保育士29人。同じ時期に勤め始めた保育士同士が、直接会って話すことで仲間意識を高め、保育士の離職を防ぐことが目的。

 セミナーでは、社会福祉士の土居和子さんが講師に。参加者は5人ずつに分かれ、グループワーク形式で気になっていることを付箋に書き出し合った。稲田理子さんは2歳児の7人を受け持っている。0〜2歳児が同室の環境で、自身の声が子どもたちに届きにくいことが気になっていた。

 土居さんは、「少し低めで穏やかな声で、話す時にトーンを下げると声が通りやすくなります」とアドバイス。稲田さんは、「明日から早速実践してみます」 と笑顔で話していた。

(奈須)


pagetop