ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/3/1

ビギナーさんの漢方薬の素朴な疑問 

自然界の物で出来た薬

 東洋医学の治療薬として使用される「漢方薬」。近年では、一般の医療現場でも取り入れられたり、ドラッグストアでも購入できたりと、身近になった。初心者が気になる、副作用やメリットなどを専門家に伺った。(橋本)

植物などの生薬を組み合わせ 体調を整える手助けに

 漢方薬は、自然界の植物や動物、鉱物など複数の生薬を一定の割合で組み合わせたもの。原則として2種類以上の生薬を組み合わせている。

 一つの漢方薬で、複数の症状を解消したり和らげたりするのが特徴。病気の状態や、その人の体質に合わせてさまざまな漢方薬が処方される。

 薬膳薬局の島崎一郎代表は「体調を整える手助けをしてくれるのが漢方薬。数千年にわたる歴史から、漢 方薬の効き目と安全性は立証されてきた。近年、その効果は科学的にも解明されつつあり、最先端の医療現場でも積極的に取り入れられている」と話す。

 ドラッグストアでも気軽に購入できるが、医師から処方された西洋薬と併用する場合は注意。組み合わせによっては副作用が起こったり、症状が悪化したりすることがあるため、医師や薬剤師に相談した上で服用を。

 左では、7つの素朴な疑問を島崎代表に伺った。

1 漢方薬と一般的な薬の違いは?

 一般的な薬は、西洋医学の診断に基づき、悪いところに適した薬をピンポイントで使用します。

 一方、漢方薬は、悪いところだけでなく、体全体に働きかけます。人間本来の治癒力を高めます。

2 漢方薬のメリットは?

 一つの処方で、いくつかの症状を改善することが可能です。胃薬を例にとってみると、西洋医学では消化剤、胃酸を抑える薬、胃の動きを良くする薬、むかつきを抑える薬など、症状に応じた薬がありますが、「香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)」という漢方薬には、これら全ての効能があります。

3 漢方薬は何で飲む?

 漢方薬は煎じて服用するのが一番効果的ですが、顆粒(エキス剤)が手軽で一般的です。

 漢方薬の中には、苦みなどの味や香りで胃の働きを活発にすることを目的として用いるケースもあるため、熱いお湯に溶かして服用するのが効果的です。匂いや苦みが気になる方はさ湯で服用してください。飲みにくいからと、牛乳やジュースなどで飲むと、漢方薬と相互作用を起こす可能性もあります。

4 副作用はありますか

 西洋薬に比べると圧倒的に少ないですが、全くないわけではありません。中でも注意が必要なのは甘草(かんぞう)が原因で起こるカリウムの低下です。血圧が上がったり、むくんだりします。漢方薬服用中に体の異変に気が付いた場合は、医療機関で受診を。

5 漢方薬が得意な症状は?

 慢性の症状に使われる場合が多く、ぜんそく、花粉症、皮膚病、婦人病などが得意分野です。こむらがえりや便秘、風邪の初期の症状など、急性の症状にも効果があります。

6 漢方薬はどこで購入できますか

 医療機関で医師に処方される他、ドラッグストア、インターネットでも購入することができます。

 インターネットでの購入は、あまりおすすめできません。同じ症状でも体格、体質が異なると、現れる効果も異なります。薬局で購入する場合でも漢方薬の知 識をもった薬剤師と相談しながら買うとよいでしょう。

 また、漢方薬は価格が高いイメージがありますが、医療用漢方製剤であれば健康保険が使えるのでそれほど心配することはないでしょう。最近では漢方薬を取り扱う医療機関も増えています。

7 長く飲まないと効果がない?

 漢方薬の種類、病気や症状、患者の体質などにより、効果の出方はさまざまですが、急性の症状に効果のある漢方薬は、比較的早く効果が出ます。

 漢方薬は、西洋薬で治らない原因のはっきりしない病気に用いられることが多いので、「漢方薬は長く飲まないと効かない」という説が広まったのでしょう。

取材協力/薬膳薬局(東広島市西条西本町)


pagetop