ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/12/21

海軍さんの料亭 五月荘

明治34年創業の老舗
落ち着いた 優美な和空間で 人生の大切な思い出を

祝膳(献立)

先付け 白子豆腐 黄味クリーム掛け
祝前菜 くらげ胡麻酢和え 袱紗鉄扇 沢蟹艶煮 昆布土佐煮 白ずいきクリーム和え 鱧子煮凍り 小鰯山椒煮
椀   鱧葛打ち 順才 結び三つ葉 松葉柚子 金箔
造り  鯛皮霜造り 太刀魚 才巻き あしらい
家喜物 鰻かば焼き 車海老 ハリハリ漬け 酢取茗荷
蓋 物 金目鯛信州蒸し 紅葉おろし たたき葱
上げ物 鮎けんちん揚げ 藻塩 広島レモン
焜 炉 広島牛 夏野菜 溶岩焼き
食 事 にぎり寿し 棒ガリ
止 椀 合せ味噌 蛤 青味
水菓子 メロン


池田佳幸 四代目店主
 呉市出身。16歳で料亭廬屋の門をたたく。数々の料理店で修行。2001年「潮家」をオーナーシェフとして創業。2016年呉老舗料亭「五月荘」の四代目店主として就任。(一社)広島県日本調理技能士会事務局長。

伝統を守りつつ

 創業明治34年の老舗料亭五月荘は、かつて鎮守府が置かれ、日本遺産にも認定されている呉市にある。旧海軍さんにも愛されていた、肉じゃがや鯛のけんちん蒸し、くじらカツなどの料理を今の味覚に合わせつつ再現して提供するなど、料亭の伝統を守りながら、新しいことへのチャレンジを追及している。

季節感を大切に

 食材には、メバル、太刀(たちうお)魚、鰆(さわら)、真鯛など瀬戸内海で水揚げされた魚介類や馬鈴薯(ばれいしょ)、玉ネギなど地物の野菜などをふんだんに使用、四季折々の料理が楽しめる。肉も良い品を直接買い付けするなど、努力を惜しまない。

 「どの和食店でもそうだろうが、五月荘の料理は『目で楽しみ、食して喜び』をテーマに、お客さんに楽しんでもらえるよう日々努力している」と池田料理長。

 また、月替わりの会席も絶品。落ち着いた雰囲気を醸す和空間は、接待や結納・顔合わせなど、大切な場で重宝されている。


▲2階のいさりび(椅子席の個室)など落ち着いた雰囲気で食事が楽しめる

tel.0823・21・5121
[所]呉市本通2丁目4-10
[営]昼/11:30〜14:30 夜/17:00〜22:00
[定]火曜日
[P]なし


pagetop