ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/23

県少年・少女空手道選手権 

300人が稽古の成果を競う


▲約300人が出場した県少年・少女空手道選手権

 東広島市空手道連盟は11月5日、東広島市西条町田口の東広島運動公園体育館で第25回広島県少年・少女空手道選手権大会を開いた。選手約300人が出場、日ごろの稽古の成果を競った。

 正木英雄大会会長は総評で、「勝ち負けに集中しがちだが、最後までお互いをたたえ合うことも大切。最後まで残り、良く応援してくれました」と、選手をたたえた。

 幼年之部で優勝した福山市の山本宗茉君(6)は「油断しないように、気を引き締めて頑張った。優勝してうれしい」と喜んでいた。

 (奈須)

 優勝者は次のとおり。

【型試合】

▽幼年之部=山本宗茉(福山)

▽小学生白帯之部=中島暖乃(福山)

▽小学生黄帯之部=鈴木優斗(山口中央)

▽小学生緑帯之部=橋本拓斗(佐伯)

▽小学生紫帯之部=塩田はな(北広島)

▽小学生茶帯之部=藤井菜々(西条)

▽小学生黒帯之部=三村龍平(福山)

▽中学生級之部=三浦茉洸(寺西)

▽中学生段之部=今田日葉里(本部舘)

▽団体戦=福山支部

【組手】

▽高校生男子之部=枝川皓亮(御薗宇)


pagetop