彼岸花ロード


▲9月25日に志和堀地区で撮影

 「蛍の里」として知られる東広島市志和堀地区を流れる半川周辺には、秋には彼岸花が咲き誇ります。特に時報塔の南から下流に向かって続く農道には数百mにわたって両側に真っ赤なガードレールが続きます。山々の緑を背景に、黄色に色づいた稲穂のコントラストが映え、まさに彼岸の光景です。夏が戻ったかのような陽気の中、強い日差しをまぶしそうに、孫たちは夢中で自転車を走らせていました。

(フォトリポーター 井川良成)

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/10/12

ページの先頭へ