働き盛りに多発 男の更年期障害

男性ホルモンの減少要因

 更年期障害というと女性だけの症状と思われがちだが、実は中高年男性にもあることをご存じだろうか。男性の更年期とは何なのか? 症状は改善できるのか? 男性更年期症状に詳しい八本松病院・泌尿器科の胡田通医師に話を聞いた。(日川)

安易に見過ごしてはいけない病気

 男性更年期障害の正式名称は、「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)」。加齢に伴い、男性ホルモンのテストステロンが減少して、心と体にさまざまな不調をもたらす。不眠や大量の発汗、性欲減退などの他、「イライラする」「やる気がでない」など感情面にも多大な影響を及ぼしているという。

 男性更年期障害は、うつ病と同じような症状が見られるため、うつ病と思い込んで病院を転々とする患者も少なくないという。胡田医師は「診療内科を受診しても、うつ症状がまったく改善されない場合は、男性更年期障害も疑ってかかって、テストステロンの量を測定するように」とアドバイスする。

 一方で、日本では男性更年期障害についての認知度が低いため、「年のせい」と見過して誰にも相談しないでそのまま、という人も多いそうだ。しかし、血液の流れを良くしたり、記憶をつかさどる脳の海馬を活性化させたりするテストステロンの減少は、心筋梗塞や狭心症、脳卒中、認知症などを誘発するリスクが高まることも分かってきた、という。つまり、男性更年期障害は、安易に見過してはいけない病気ということだ。

 別掲のような症状に心当たりのある人は、病院の泌尿器科や内科、男性更年期クリニックに一度相談してみるとよい。テストステロンの量は、血液や唾液を採取して調べることができる。男性のテストステロンの分泌量は、年齢とともに低下していくが、下がり方には個人差があり、80代でも30代並みのテストステロン値を保っている人もいれば、40代でも70代のテストステロン値しかない人もいるのだそうだ。

適度な運動やリラックスする時間を

 胡田医師の話によると、仕事のストレスや、内臓脂肪の増加(メタボ)などを抱えている人は、テストステロンの低下を招きやすいという。著しいテストステロンの低下が見られる場合は、保険適用外だが、注射によるホルモン補充療法で、テストステロンを増やすことができる。グローミン(医薬部外品)を使った塗布治療もある。

 更年期障害の症状を軽くするためには、日頃からテストステロンの分泌を抑え、補っていくことが大切。では、どういう生活を心掛ければいいのだろうか。

 胡田医師は、適度な運動やリラックスする時間をつくることが、テストステロンのアップにつながる、と強調する。また、テストステロンは寝ている間に分泌量が増えるため、「しっかり睡眠を取ることも大きなポイント」と指摘。「普段の生活から、正しい食事と睡眠、適度な運動に心配りすることが大切」とアドバイスする。


男性更年期障害(LOH症候群)のセルフチェック

 男性更年期に見られる症状について、当てはまる程度をチェックし、点数を合計してください。

症 状 なし 軽い 中程度 重い 非常に
重い
総合的に調子が思わしくない 1 2 3 4 5
関節や筋肉に痛みがある 1 2 3 4 5
ひどい発汗がある 1 2 3 4 5
睡眠の悩みがある 1 2 3 4 5
よく眠くなる 1 2 3 4 5
イライラする 1 2 3 4 5
神経質になった 1 2 3 4 5
不安感がある 1 2 3 4 5
体の疲労や行動力の減退 1 2 3 4 5
筋力の低下がある 1 2 3 4 5
憂鬱な気分だ 1 2 3 4 5
「絶頂期は過ぎた」と感じる 1 2 3 4 5
力尽きた、どん底にいると感じる 1 2 3 4 5
ヒゲの伸びが遅くなった 1 2 3 4 5
性的能力が衰えた 1 2 3 4 5
早朝勃起の回数が減少した 1 2 3 4 5
性欲が低下した 1 2 3 4 5
LOH症候群の可能性

17〜26点 可能性は低い
27〜36点 軽度の可能性
37〜49点 中度の可能性
50点以上  重度の可能性

※チェック診断の結果に関わらず、不調を感じる人は病院で受診を。

※日本泌尿器科学会「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH/症候群)診療の手引き」より引用

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/10/5

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館