美味だより DELICIOUS PAGE

ギャラリー鳳仙花

昔ながらの家庭料理がずらり
おかずの種類の多さにびっくり

和の雑貨と和食の店
市・県外からのお客さんも多い

 JR西条駅から徒歩で約10分。安芸国分寺公園の近くにある古民家レストラン「ギャラリー鳳仙花」。昔ながらの家庭料理が、おなかいっぱい食べられると評判の店。

 メニューを見て驚くのが、おかずの種類の多さ。最も多いのが「雅ランチ」(1350円)で、果物、汁物を含めて14種類。おひたしや煮物などの「日本のお母さんの味」が勢ぞろい。それぞれがかわいらしい器に入れられており、うきうきする。全て同店の手作り。

 和雑貨のギャラリーとして開店し18年。店内には古布やちりめんで作った人形や小物、古民具で作ったオブジェなど手作り作家の作品がずらり。市・県外から来るお客さんも多いという。作家が集まる「手作り市」を年4回開催しており、次回は9月9〜10日。当日は雅ランチを弁当として販売する。


▲看板メニューのせいろ蒸しが付いた彩ランチ。このほか、峠下牛のローストビーフが付いた華ランチ(1700円)がある
上品なせいろ蒸しとご飯が進むおかず

 看板メニューのせいろ蒸しが付く「彩ランチ」(1700円)をいただいた。せいろ蒸しは、生産者から直接仕入れているブランド豚「芸北高原豚」を使用。テーブルで14分間蒸す。

 蒸し上がった豚肉で野菜を巻き、塩をちょんと付けてぱくり。豚肉特有の臭みと脂っこさがなく、甘い。アンデスの岩塩、蒲刈の藻塩、ポン酢が出され、それぞれで味わいが大きく変わるから面白い。

 おかずは、きんぴら、炊き合わせ、ひじきの煮物、おひたし、なますなど汁を合わせて10種類。どちらかといえばしっかりとした味付けで、ご飯が進む。「おかず一つ一つの量は多くはないし、野菜がメーンだから、全部食べても腹八分くらいかな」と思っていたが大間違い。ついご飯をおかわりしてしまったのもあるが、満腹。しっかりかむ物が多いためかもしれない。

食材は地元産にこだわり

 野菜は東広島産。米は店主の末成康江さんら家族が無農薬で栽培している。築70年以上の納屋を改装した店舗の居心地もよく、「煮物やおひたしが食べたくなったら、ここにこよう」と思った。次回はプラス300円のデザートもぜひ、食べたい。


▲14種類のおかずが楽しめる雅ランチ。この日の天ぷらにはゴーヤ、なますにはウリが使われており、季節を感じた。ランチは全てご飯のおかわり自由

価格は税別

所在地/東広島市西条町吉行1963 
電話/082(422)0866
営業時間/雑貨=10時30分〜16時、ランチ=11時30分〜14時、ディナー=18時〜21時(予約制、1日2組のみ)
定休日/火・水曜日


日本一のサービスマンのグルメコラム「素敵なテーブル」

フランス人の友人との食事で…

〈思い出のお客さま〉

 今回は顧客で友人の、あるフランス人の話。

 名はフィリップ(仮名)。フランス大使館の職員なのですが、まあ、明るいというか図々しいというか、われわれ日本人には笑えるというか…。

 僕は仕事が休みで、友人の店(ビストロ=気軽なフレンチ)に行き、食事をしていた時のことです。店はガラガラでお客は僕と20代の女の子1人で2人しかいません。そこにフィリップが入ってきました。休日出勤らしくラフな出で立ちです。

 フィリップは私と目が合ったので、「サヴァ(やあ)」とあいさつをしてこちらに向かってくる…と思っていたら何と!

 僕の前をスルーして奥の席の女の子の所へ。『待 ち合わせかな』と思ったらとんでもない。「お嬢さんここ空いていますか」と話しかけながらその娘の向かいにちゃっかり座ってしまいました。

 店はガラガラですよ、信じられない!

 「さすが」とマスターと大笑いです。

 数日後、僕の勤務するホテルのレストランに二人で食事に来ているではないですか。「やるもんだな〜」と思いながら飲み物のオーダーを伺いにそのテーブルへ。

 「いつものでよろしいですか?」と常連さまという雰囲気ぷんぷんで、わざと声をかけます。

 その娘にフィリップをVIPだと思わせてやろうという僕の心遣いです。いつも彼は日本のアサヒビールです。「安くてうまい」が彼の口癖。

 彼が一言「もちろんシャンパン!」。僕は腹の中で大笑い、フィリップに目くばせしてシャンパンを抜いてあげました。めでたしめでたし。

川尻倫明

 1956年生まれ。東広島市在住。F&Bマネージメント代表。飲食店コンサルタントとして活躍中。1995年、サービスコンクール「メートル・ド・セルヴィス杯」で優勝。


McDonald's NEW ITEM

月見バーガー 340円(税込み)

 毎年秋に販売する期間限定の「月見バーガー」が、販売から26年目にして初のリニューアル。リッチな味わいに進化した秘伝の月見ソースと、ぷるぷるの目玉焼き、ビーフパティ、スモークベーコンの組み合わせでより濃厚な味わい。チーズ月見、満月チーズ月見もある。販売期間は9月6日〜10月上旬。


プレスネット読者モニターのとっておきクチコミ

●ひろしま国際プラザ内の「ラコルト」のランチバイキングは700円。多国籍の料理が楽しめるのでお気に入りです。

●お好み焼きと鉄板焼き「うまいもん屋五エ門」のホルモン丼は、鉄板で焼かれたホルモンがプルプル。おいしかった!

●沖縄料理専門店「おもろ殿内」で、海ブドウ、タコライスなどを食べ、すっかり沖縄気分♪

●「ラパン」のあんバターが大好きです。

●ゆめタウン東広島1階の「スィートガーデン」の、かりんとうシュークリーム。意外な組み合わせだけどおいしい!

※料理の内容、料金などは投稿当時のものです


ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/9/7

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館