お盆前企画 「終活」って必要なの?

 数年前からメディアで取り上げられている「終活」という言葉。市内でも終活について相談できる施設やブースも設けられている。「終活」の必要性や意味について取材した。(繁澤)

 本屋に立ち寄り、ふと目をやると終活や相続、遺言に特化した内容の書籍が多くなった。2012年の流行語でも「終活」というキーワードはベスト10入りしている。そこから火がつきまたたく間に全国に広がっていった。東広島市内でも「終活」に特化した相談窓口や施設も増えてきた。

 「不動産など財産があることで自分にもしものことがあった場合残された家族が言い争いをすることを避けるために相談する人も増えてきた」と市内のある司法書士事務所。

 一方で、「終活」という言葉にとらわれすぎて、かえって神経をすり減らした人もいる。「気軽に相談に行ったけど、やることが多過ぎてどこから手をつけていいのか分からなくなった」と高屋町の女性。「確かに墓地墓石、仏壇、葬儀の生前予約、生前整理、財産管理、分与、遺言などを生前にやっておくと後々困ることはありませんが終活行為は非常にエネルギーを要する。逆に本人や家族を苦しめる呪縛となる恐れもある」と市内のある住職は懸念する。「家庭内のややこしい問題(お金で解決できないお金の問題)」を抱えている家族は、それをお金で解決しようと思っても無理が生じる」と続ける。

 必要か必要ではないかと問われると終活は必要。しかし、終活とは〇〇だと結論できないのも特徴。「ブームというものはいつの時代も必ず去るもの。人間はいつどこで死ぬのかを言い当てることはできない。ならば、今大切な心の持ちようは家族であろうと、他人であろうと行政であろうと、安心して自分を託せる人を見つける縁づくりができているかが大切」と市内の葬祭業者。

 大事なのは自分にとっての終活とは何かを明確にすることかもしれない。


いまさら聞けない墓参りの手順と掃除の仕方


葬儀 困ったときのQ&A

Q.遺言に書いてあることは全て有効?

A.例え法的に有効な遺言でも書いてあること全てが認められるものではない。法的に認められるものは相続の割合指定、特定の人に財産を譲る場合、相続権の廃除や取り消しなど相続や財産、身分に関する事項のみ。

Q.喪主になるのは?

A.喪主は故人に代わって葬儀を主催し、弔問を受ける立場なので、故人と一番近い人が務めるもの。夫や妻が死亡した時はその配偶者が、配偶者が死亡しているときや高齢の場合は同居している子どもまたはそれに近い子供の順番で決める。

Q.通夜・告別式はどちらに出席する?

A.通夜の儀式は故人と親交があった人々が一夜をともに過ごし、冥福を祈る目的で行われるものなので、親しい関係者は通夜・葬儀・告別式を通して参列。故人と深い関わりのない場合は葬儀・告別式に参列するとよい。

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/6/22

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館