広島大と創価大が連携 

学生交流や単位互換

 広島大学と創価大学との「連携・協力に関する包括協定書」の調印式が4月6日、広島大学の東広島キャンパスで行われた。広島大が、国内の大学と包括協定を結ぶのは、創価大で12校目。創価大学は3校目。


▲協定書を手に記念撮影に応じる広島大学の越智光夫学長(左)と創価大学の馬場善久学長

 協定内容は、教員や学生の交流の他、学部や大学院の単位の互換、施設設備の相互間利用など。両大学は、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業の採択校(全国37校)に選ばれ、建学精神には、ともに「平和」を掲げる。海外との交流も盛んで、広島大学は45カ国の大学と、創価大学は55カ国の大学と、それぞれ協定を結んでいる。

 (奈須)

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/4/20

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館