あったか精神で地域に貢献 市社協管理の車いす整備

シャープ社友会広島支部

 シャープ社友会広島支部(東秀次支部長)のメンバー11人でつくるあったか支援隊が2月23日、東広島市総合福祉センターで車いす整備のボランティア活動を行った。


▲貸し出し用の車いすを整備するあったか支援隊のメンバー

 メンバーは、市社協で管理している貸し出し用の28台の車いすを整備。和やかな雰囲気の中、車いすのタイヤの虫ゴムを交換し空気を入れ、空気圧を確認したり、ハンドルなどを利用者が使いやすいように調節したりするなど1台ずつ丁寧に点検していた。

 東秀次支部長(75)は「車いすの整備は初めてだったが、皆であったか精神で楽しくさせてもらった。地域の方に貢献していきたい」とほほ笑んでいた。市社協の企画福祉課主任主事の岡村智行さんは「ボランティア活動を楽しんでいるのが印象的」と話していた。

 同会はシャープのOBとOGで結成。ことし4月から、東広島ボランティア連絡協議会に入会。ボランティア活動を通じて地域社会に貢献している。

(石田)

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/3/11

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館